読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米冬ママの奮闘日記

2016年5月に第一子を出産した新米ママです。子育てに関する慌てふためく日々を日記にしています☆

2017.01.25 離乳食教室

区役所で行われている申込制の離乳食教室に行って来ました。

量は? 固さは? 食材は? 献立は?

自分の料理、息子ちゃんの食べ方しか見ていないので、大丈夫かな?と日々過ごしていたので(-_-;)

それから、レパートリーも増やしたくて。

 

さて、何時にどこそこへ、ということに産後から苦手意識を持っている私(;´Д`)

バスは12時40分。開始時間は13時半。終了時間は15時。

途中試食タイムがあると聞いていたので、この時間割なら普段通りの流れでわりとご機嫌に過ごせるはず。

帰りはきっと抱っこ紐で爆睡かな!

と前日まで思っていましたが、お昼の授乳はいつも12時なのに、なぜか11時に欲しがり、一抹の不安を抱えながら4か月健診ぶりのバスに乗りました。

 

到着すると、12,3組ほどの親子が来ていて、4組でひとテーブルにつきました。

私のグループはみんな8か月の赤ちゃん。

うちの子以外みんな歯が生えていました(;'∀')

ですが、うちの子が一番活発。。。

みんなママの膝の上にちょこんと座っているのに、息子ちゃんだけ、立ち上がりたがり、脇の下に手を入れてやると、ひたすらスクワット……(´▽`*)

 

7,8か月は二回食、舌で潰せるくらいの固さで。

三回食は9か月からが目安だけれど、その子がきちんともぐもぐごっくんが出来ているかが大事だそうです(´~`)

栄養士さんが、だしを昆布や鰹節から取っている人はいるかと聞くと、沢山挙手したのでビックリしました。

だしの素ユーザーでぇす♡

赤ちゃんもやはり、美味しい物がよくわかるのだそうです。

おかゆも、ご飯から作るよりもお米から作った方がオススメらしく。

ご飯ユーザーでぇす♡

1回の食事で、主食(炭水化物)、主菜(お肉、お魚、お豆腐などのタンパク質)、副菜(野菜)を必ず入れ、プラスで果物や乳製品を入れてあげると良いそうです。

良かった……私にも出来ていることがあった(*´з`)

赤ちゃんは脂の消化がまだ苦手なので、お肉はささみか鶏むね肉の皮を剥いだ物を使います。

実演で、ささみの筋を、包丁ではなくフォークを当てて引っ張るとスーッと取れたのには目から鱗でした!

三回食になると、一日6回もキッチンに立ち、頭の中はずっとご飯のことになります、と言われ、げんなり(ToT)

そして、離乳食の完了というのは、おっぱいやミルクなしでも食事で一日の栄養を摂取出来ること、なので、大人と同じ物をそのまま出すまでの道のりは長いそうです(; ・`д・´)

赤ちゃんに食べさせたい食材を大人用にも使うことで6回もキッチンに立たず少しは楽になりますよ~とのことですが、、、

二回食でそれやっていますが、楽じゃないですよ(笑)

 

では、各テーブルに一人ずつ栄養士がついて、お話をします。

となる少し前から、息子ちゃんの雲行きが怪しくなっていました。

栄養士さんが、ペースト状、みじん切り、チビ角切り、デカ角切り、輪切りのにんじんを持って来て、何かを話し始めました。

ええ、何を言っているか全然聞こえませんでした。

息子ちゃんの泣き声で。

 

「ふぎゃーーーぅぅっっ!!!」

訳:お腹空いたー!!眠いー!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

これはダブルアタックだぁぁ(ノД`)・゜・。

多分もうちょっとで試食タイムになるから、我慢してぇぇぇ。

でも、これだと周りの皆さんも聞こえないよね……。

泣く泣く部屋の隅の授乳スペースへ移動。

ぱいぱいに飛びつく息子ちゃん。

必死に耳をそばたててみましたが、ガヤガヤしていて聞こえず。

しばらくして試食タイムが始まった模様。

息子ちゃん、ご飯だよ!

と、言っても、ぱいぱいを外すと大激怒。

そりゃそうだよねぇ、と授乳再開。

そしていつになく長い……orz

 

今日すごく楽しみにしてたのにな。

せっかくバス乗ってきたのにな。

と思ったら、なんだか本当に泣けてきました(/_;)

産後から、ちょっとしたお出掛けも、私には一大イベントになっているんですよね。

「ほかの子の食べている姿って見る機会ないからいいわよね~」

なんて楽しそうな声も聞こえてきて、しょんぼり。。。

 

授乳を終えると予想通り爆睡の息子ちゃん。

トボトボ出ていって席につくと、もう終わりそうな雰囲気。

でも、栄養士さんが来てくれて、1回の食事量を見せてくれました。

副菜は同じくらいでしたが、お粥の量が私が作っているものより少し多めでした。

試食のすりおろした高野豆腐とささみと大根のお団子と、かぼちゃの野菜あんかけをいただき、私が食べさせて貰いました。

栄養士さんは、

「赤ちゃんの食事も大事だけど、お母さんもしっかり食べないとだめよ。

せめて一日1回は、栄養バランスの取れた手作りご飯もきちんと食べるの。

母乳も出さないといけなし、体力がいるしね。

空腹や鉄分不足はイライラのもとよ」

と、気持ち良さそうに寝ている息子ちゃんを抱っこしていてくれました。

 

 

帰りは、抱っこ紐をするために起こされて超絶不機嫌になった息子ちゃん。

バスの中で必死にあやしました。

帰宅後、食いっぱぐれた息子ちゃんのために、午後食を大急ぎで作りました。

メールで離乳食教室どうだったー?という旦那ちゃんに、ギャン泣きしちゃったと送ると、私が落ち込んでいるのを察知して、手土産にクロワッサンたい焼きを買って帰ってくれました。なんと優しい旦那ちゃん(T_T)

美味しい糖分が入り、どんな話を聞いたか旦那ちゃんに話しているうちに、気持ちが落ち着いてきました。

気になっていた量は見れたし、私が食べることで味付けや食感もわかったし、レシピも貰ったし……全然オッケーじゃん☆

あれ? なんであんなに凹んでたんだろ~(*^▽^*)

 

やっぱり「食」って、栄養面でも気持ちの面でも大事ですね(笑)

3回食は、やはり億劫ですが。

でも、息子ちゃんが美味しく楽しく食事が出来るようにあれこれ模索しながら、お母ちゃん頑張ります!!(´▽`*)