読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米冬ママの奮闘日記

2016年5月に第一子を出産した新米ママです。子育てに関する慌てふためく日々を日記にしています☆

2016.11.01 ハナ水

急に冷え込んだ頃から、息子ちゃんはハナ垂れ小僧になりました。

透明のハナで熱もなく、元気だったので、しばらく様子を見ていました。

でも、赤ちゃんは鼻をかめないから可哀想ですよね(;´Д`)

中耳炎にでもなったら大変!

そこで、ドラッグストアでピジョンの鼻吸い器を買って来ました。

ノズルを赤ちゃんのお鼻に当て、ママがチューブで吸ってあげる物です。

説明書の写真の赤ちゃんはにっこり微笑んでいますが、現実は……

 

「うぎゃーーーっっ!!」

訳:やめてーーーっっ!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

ギャン泣きで大暴れです。。。

色々抱き方を試しましたが、前を向かせて膝の上に座らせ、後ろから左腕で息子ちゃんの体と腕をがっちりホールドするのが一番良かったです。

手で払いのけようとしますからね(/・ω・)/

朝にお湯で濡らしたガーゼで顔を拭いた後や、夕方のお風呂の後は、ハナ水がゆるくなるのでよく取れます。

 

今日は、ぽっけさんにヒルドイドを処方して貰いに行くついでに、おハナの診察もして貰いました。

喉と耳の中も見て頂きましたが、問題なしで一安心(*´ω`*)

おハナをとかして出しやすくするカルボシステインのお粉を処方して頂きました。

そして、ハナ吸いの処置も。

予想通りギャン泣き(≧◇≦)

でも看護師さんはやっぱり上手ですね。

そして、途中で息を吐かなくても吸い続けられるこの機械、欲しい……!(笑)

 

その後、スタッフさんや調剤薬局の薬剤師さんにも抱っこして貰って機嫌を直した息子ちゃん( *´艸`)

帰宅後、早速初投薬!

赤ちゃんにお薬を飲ませる時は、ゼリーやジュースに溶かす、もしくは水で泥状にし上顎に貼り付けミルク等で流し込ませるのが、セオリー。

お粥に混ぜると、万が一まずいと思ってご飯を食べてくれなくなると大変なので、やってはいけないそうです。

なので、水で泥状に……なりませんでした。どう見ても液体です。

ほんと不器用(ノД`)

仕方なくスプーンで飲んで貰うことに。

離乳食のお蔭でスプーンに食らい付く習性を持った息子ちゃんは、上手に飲んでくれました。

飲み込んで一瞬不思議そうな顔をしましたが、即座におっぱいをくわえさせ、何事もなかったかのように授乳(。-`ω-)

お薬ぺろっと舐めてみました(笑)が、甘くて若干の酸味があったくらいでした。

苦いお薬飲ませる時は苦戦するんだろうな~。

 

お母ちゃんはハナ吸いを頑張るので、早く良くなりますように(*'ω'*)