読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米冬ママの奮闘日記

2016年5月に第一子を出産した新米ママです。子育てに関する慌てふためく日々を日記にしています☆

2016.05.11 息子ちゃん誕生

遡ることになりますが、過去の日記をあげていきます!

 

 

5月10日午前0時過ぎ、お休みなさいを言った数分後にベッドで破水。
初めてのお産だけど、尿漏れと区別出来ないこともあると聞いていたけど、これはまごうことなき破水(; ・`д・´)
電話をしてから用意していた入院グッズを持って、旦那ちゃんの運転で病院へ。
破水はつまり、もう赤ちゃんが外の世界と繋がってしまっているということなので、感染を起こさない為にすぐに点滴をされました。
陣痛はきてなかったけど、羊水はほとんど出てしまったらしく、24時間以内に出産できなければ、促進剤か帝王切開ね、と言われました。
お腹切るの怖い……!( ゚Д゚)

 

旦那ちゃんには一度帰宅して貰い、私は入院して陣痛待ち。
前駆陣痛は1か月前からあったので、イマイチ本陣痛がわからず、16時にNSTを着けて助産師さんから「余裕そうにしてるけど、陣痛来てるわよ」と言われました(笑)

 

17時過ぎに、仕事を早く切り上げてくれた旦那ちゃんが来てくれました。その頃には5分間隔でした。
なんかめちゃくちゃ痛い?これが陣痛か~(;´Д`)
私は必死でしたが、お医者さんの目にも余裕に見えたらしく、今日中に生まれなかったら促進剤を使っていいですよ、のサインを書かされました。
「こんなに冷静な人、なかなかいないですよ~」と褒められました。
が、
痛い痛い痛い痛い~~~~!!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
3分間隔になった途端、急に耐え難い痛みへ。
促進剤は必要なくなりました。

 

旦那ちゃんには腰をさすって貰いました。
もっと強くこすって!!(ノД`)・゜・。
「こう?(゜o゜;)」
もっと!!(≧◇≦;)
……筋肉痛になったそうです(笑)

 

助産師さんにいきみたくなったら教えてね、と言われたけれど、、、いきみたいって何?!;つД`)
あまりに痛過ぎて、よくわかんないクセに、いきみたいです!と言った私(笑)
内診すると言われても、歩くのも一苦労。
分娩台に上がってからは旦那ちゃんの手を握り潰す勢いでした。
なんかいつの間にか酸素マスクつけられてたし。

 

「赤ちゃん通れるように、出口少し切りますね~」
ひいっっ、噂の会陰切開!
お腹の痛みに意識を集めて、気にしないっっ!
「もう赤ちゃん見えてるよ~」
マジですか、早く会いたい……!!

 

生まれた瞬間は、なんだかよくわかりませんでした。
聞こえるのは、自分の荒い息遣いと、医療器具のカチャカチャした音、旦那ちゃんが「頑張ったね」って、
そして、赤ちゃんの泣き声。

 

もう決まっていた息子ちゃんの名前を呼び掛けて、抱っこ。
カンガルーケアの病院選んで良かったなぁ。
すぐに初めての授乳。
絶対感動して泣くと思っていたのに、いざこの手にわが子を抱いたら、

 

可愛い~~~~~♡(*´ω`*)♡

 

夫婦そろってデレデレでした(笑)

 

5月11日1時5分、2634g、47.2㎝の元気な男の子を出産しました。
これからよろしくね、息子ちゃん。